オンコロジー領域専門MRへの転職

オンコロジー領域専門MRへの道
オンコロジー領域は、MRの転職市場では以前から人気の領域でした。ただ、以前は「転職のハードルが高そう」という印象を持つ方も多く、転職者数として生活習慣病領域の方が圧倒的に多かったと言えます。ところが近年では全体的なMR求人数が少なくなる一方でオンコロジー領域に注力するメーカーが増えてきたこともあって、オンコロジー領域専門MRに転職する人数はMR転職市場の中でも1,2を争う多さになってきています。

オンコロジー領域MRの応募条件
オンコロジー領域MR募集の多くは抗がん剤担当経験のある方に限定されます。これは最近のオンコロジー領域MRを募集するメーカーが、これまで本格的にオンコロジー領域を扱ってきておらず社内にオンコロジー領域専門MRがいない会社が多いため、スタートにあたっては抗がん剤担当経験者を集めたいという意向があるためです。ただ抗がん剤担当経験者はMRの転職市場には多くはいませんので、募集しても簡単には十分な数と質の応募者が集まりません。そのため抗がん剤担当経験者に限定して募集する場合には、かなり応募可能な年齢層を広く設定する傾向にあります。

また抗がん剤担当経験者に限定した募集ではない場合も、オンコロジー領域では担当する医療機関が大学病院やがんセンターなどをはじめとした基幹病院となりますので、メーカーの募集では基幹病院の担当経験は不可欠となります。また、イレッサなどの分子標的薬や最近注目されている免疫チェックポイント阻害剤などでは効果や副作用が遺伝的特徴によって大きく異なるということもあり、またがん患者さんは高齢者も多いため他の疾患を併発している場合もあるため、患者さん一人ひとりに対する丁寧な診察・治療が必要となります。そのため症例ベースでドクターと話し込みをしていくようなMR活動経験も求められます。

選考で重視される点
オンコロジー領域MRの選考の中では、先ずは学習意欲・学習能力が重視されます。これはオンコロジー領域がアンメットメディカルニーズの高い領域であり、アカデミアでも最も研究が盛んな分野のひとつで、まさに日進月歩で新たな研究成果が生まれている分野だからです。ドクターからはASCOなどで発表された論文や関心のある文献の情報などに対するニーズも高く、継続的な勉強が必要とされるMRという仕事の中でも、オンコロジー領域MRは特に学習意欲や学習能力が必要となる領域だと言えます。それに加えてオンコロジー領域は患者さんの命に直結した領域でもあるため、がん患者さんの治療に貢献したいという情熱や使命感も強く求められます。こうした点は「志望動機」を聞くことによって判断しようとする面接官が多いため、志望動機に関しては特に重要となります。

経験の長さや年齢
抗がん剤の担当経験が無い場合は、入社後の学習による「伸びしろ」が求められるため、年齢的には20代の後半から30歳程度までの方が適齢期と言えます。一方、オンコロジー専門MRとしての経験が豊富な方の場合は、特にオンコロジー領域に新たに参入するメーカーや参入後間もないメーカーの場合は、通常のMR転職市場では転職が難しい40代後半の年齢でも十分転職が可能である点もオンコロジー領域のMR転職市場における特徴だと言えます。

主なオンコロジー領域MR求人企業の特徴と動向
2017.07.12
◆第一三共のオンコロジー領域におけるMR転職情報を追加しました

2017.05.25
◆中外製薬のオンコロジー領域におけるMR転職情報を追加しました

2017.05.02
◆アストラゼネカのオンコロジー領域におけるMR転職情報を追加しました

2017.03.07
◆メルクセローノが抗PD-L1抗体アベルマブを承認申請

2017.03.01
◆武田薬品がオンコロジー領域専門MRを募集中

2017.02.17
中外製薬が抗PD-L1抗体として国内初となる免疫チェックポイント阻害剤「アテゾリズマブ」を承認申請

2017.02.10
◆クインタイルズ社がオンコロジー領域専門コントラクトMR募集(抗がん剤担当経験不問)

2016.09.01
◆日本イーライリリーがオンコロジー領域専門MR募集開始(終了済み)

小野薬品工業株式会社
武田薬品工業株式会社
小野薬品は、かつては「化合物オリエント」という独特の創薬手法で様々な新薬を作り出してきました。この手法は、疾患領域を定めず重点領域の創薬標的に絞って化合物ライブラリーを蓄積し、その中から疾患や治療に結びつく薬剤を探し出すという創薬手法。しかしその後数年前までは以前のような画期的新薬の開発も見られず、長期収載品比率も高い状態が続いていました。そんなときに世界を驚かす画期的な抗がん剤として開発されたのが「オプジーボ」です。

武田薬品のオンコロジー領域は、2014年度には1,527億円を売り上げた多発性骨髄腫治療剤「ベルケイド」や同じく1,240億円を売り上げた前立腺癌・乳癌・子宮内膜症治療剤「リュープリン」をはじめ、近年ではアムジェン社から導入した上皮細胞成長因子受容体(EGFR)阻害剤であるヒト型モノクローナル抗体「ベクティビックス」など、他の多様な領域の豊富な製品群のひとつとして抗がん剤製品のラインナップは以前からありました。一方、最近では重点領域を絞り込み、抗がん剤への取り組みを強化しています。
MSD株式会社
日本イーライリリー株式会社
日本におけるMSDは、2010年10月に万有製薬株式会社とシェリング・プラウ株式会社が統合し、新たにMSD株式会社として再スタートしました。旧万有製薬・シェリング・プラウ時代から循環器・糖尿病といった生活習慣病領域や呼吸器、骨代謝、中枢神経などから麻酔、ワクチンまで幅広い治療薬・予防薬で豊富な製品ラインナップを誇ってきました。最近ではがん領域でも日本国内で2剤目となる免疫チェックポイント阻害剤「キートルーダー」を、2015年12月に「切除不能または転移性の悪性黒色腫」を適応症として、また2016年2月には「切除不能な進行または再発の非小細胞肺がん」を適応症として承認申請を行っています。
日本イーライリリーは日本国内で初めて領域別MR制を導入した製薬会社です。オンコロジー領域製品の発売も早く、1999年に「ジェムザール」を非小細胞肺癌の適応症で発売しました。それ以来、ジェムザールの適応追加を続けながらオンコロジー領域専門MRが活躍してきました。日本イーライリリーは組織の急拡大に応じてMRの大量増員を実施してきたため、MR経験者だけでなく異業種の営業職をMRとして積極的に採用してきました。そうした中で異業種の営業職出身で入社後にMRとして活躍する人材も多かったことから、オンコロジー領域専門MRの採用においてもこれまで抗がん剤担当経験にはこだわらない方針で募集してきています。